通販のコストってどのくらいかかっているの

サイト運営にかかるコスト

通販の運営を行うためにはウェブサイトを用意することが必要になります。サーバーを構築するかレンタルサーバーを手に入れてショッピングサイトを用意することが必要です。小規模なサイトを自分で作ってしまえばランニングコストとしてレンタルサーバー料が月に数千円かかる程度で済みます。しかし、サイトの構築を業者に依頼すると百万円から三百万円程度がかかるので気をつけなければなりません。運営についても同様であり、自分で行ってしまえばほとんど無料ですが、業者に依頼すると月に十万円程度はコストがかかります。特に個人で通販サイトを経営して稼ごうと考えたらコスト削減のために自前でウェブサイトの構築や運営はできるようになることが肝心です。

物流のためにかかるコスト

商品の注文があったら消費者に商品を送らなければなりません。そのための商品の入荷も行わなければならず、在庫管理をする必要もあります。このような一連の物流にもコストがかかってしまいますが、この費用についてはピンからキリまであります。そもそも商品がオンラインで送付できるデータなどであれば物流コストは実質的にはゼロです。しかし、商品を入荷および出荷しなければならない場合にはやり方次第で月に数千円程度から数十万円程度までコスト差が生じます。在庫を抱えずに受注したら業者に注文を出す形にするとコストはほとんどかかりません。しかし、大量の在庫を抱えるとなると倉庫の維持のコストや配送依頼を出すためのコストがかさみ、通常は数万円単位で出費が生じます。